調査会社のインテージは、インターネット調査システムをクラウドサービス「Amazon Web Services(AWS)」へ移行した。システム移行を担当したのは、クラウドインテグレータで、AWSのアドバンストコンサルティングパートナーでもあるサーバーワークスだ。移行規模は仮想サーバー(VM)ベースで最大およそ230台。クラウドの特性を生かしたさまざまな新規性の高い取り組みに挑戦しつつ、大規模VMの移行を実質数か月という短期間で成し遂げた。