その他

<ネット選挙とIT業界 ~初の試みは福音となったのか(下)> ――「なりすまし」対策を認証の市場拡大に 対照的な両社の戦略、参院選の結末は?

2013/08/29 21:03

週刊BCN 2013年08月26日vol.1494掲載

 ネット選挙の解禁に向けた議論のなかで、政党・現職議員を中心にとくに懸念されていたのが、インターネット上の「なりすまし」被害だ。候補者本人にとってはたまったものではないが、それ以上に、有権者の意思が選挙結果に正確に反映されないという致命的な問題を引き起こしかねない。認証サービスを手がけるシマンテックとGMOグローバルサインは、その対策として、電子証明書の発行サービスをネット選挙向けにも展開した。社会的意義に加え、ネット選挙解禁を認証サービス市場拡大のトリガーにしたいという意図があった両社だが、その戦略は対照的。実際の選挙で、彼らの思惑はどの程度達成されたのか──。(取材・文/本多和幸)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

<ネット選挙とIT業界 ~初の試みは福音となったのか(上)> ――浮き彫りになった若年層の無関心 情報発信ツールが示した可能性と限界

ネット選挙解禁でITベンダーに動き セキュリティ両雄の戦略は対照的

ネット選挙が解禁に向かう 「なりすまし」防止サービスが後押し

外部リンク

シマンテック=http://www.symantec.com/jp

GMOグローバルサイン=https://jp.globalsign.com/

おすすめ記事