第23回参議院選挙が7月4日に公示された。これまでの選挙と大きく異なる点は、今回からインターネットによる選挙運動(ネット選挙)が解禁されたことだ。選挙期間中でもウェブサイトやソーシャルメディアによる情報発信ができるようになったほか、電子メールの送付も部分的に認められた。