ソフトウェア資産管理(SAM)の国際的なルールづくりを日本のIT業界が主導し、グローバルでSAMツール・ソリューションのデファクトスタンダードとなるような製品を展開する。そんな大きな夢に向かって動き始めた日本のITベンダーがいる。京都市に本社を置くSIerのラクソル(高田俊介代表取締役)だ。