SAPジャパン(福田譲社長)は、7月11日、ユーザー向けイベント「SAP Forum Tokyo」を都内で開き、二つの基調講演や約40のセッションで、SAPの製品戦略や最新ソリューション、パートナーの導入事例などを紹介した。SAPジャパンによる冒頭の基調講演では、「Run Simple」をキーワードに、SAPのすべてのアプリケーションのプラットフォームとなるインメモリデータベース(DB)で、ITシステムのシンプル化を実現する「SAP HANA」の強みをアピールし、参加者の注目を集めた。(取材・文/本多和幸)