富士通の山本正已氏が6月22日付で社長を退き、代表権のある会長に就く。2010年、リーマン・ショックから立ち直ったとは言い難い経済環境、元社長・野副州旦氏との訴訟問題……。そんな逆風のなかでの社長就任。さらに東日本大震災も発生した激動の約5年。山本氏は、富士通をどう変えたか。「業績」「構造改革」そして「発言」で振り返る。