今や医療の現場でも、インターネットを利用できる環境は不可欠になっている。一方で、電子カルテなどのデータはセンシティブな個人情報であり、高いセキュリティ性能が求められる。ITの利便性と情報漏えいに対する安全性・堅牢性を同時に実現するシステムの構築が、現代の医療機関に課せられた重要なテーマといえよう。京都大学医学部附属病院(京大病院)は、意識的に先進的なITの活用を進め、医療の現場を変えていこうとしている。