マネーフォワード(辻庸介社長CEO)のB2B事業が急成長している。2018年11月期第2四半期の決算では、中小事業者向けクラウド会計を核とした主力製品のクラウド業務アプリケーション群「MFクラウド」関連の売上高が上期累計で11億8700万円になったと発表。前年同期比で89%増という成長率だ。通期では全社で連結売上高43億5000万円~46億5000万円、MFクラウド関連のB2B事業だけでも24億5700万円を見込む。これは、もはや基幹業務アプリケーションベンダーとして大手ベンダーの一角と言っていい事業規模だ。スモールビジネス向けの基幹業務アプリケーション拡販に大きな役割を果たす会計事務所への地道なアプローチや、法人向けビジネス拡大のためのM&A、そして業務アプリケーションと組み合わせたFinTechサービス開発へのR&Dなど、“全方位”とも言える幅広い領域に積極的な投資を行い、「SaaSとFinTechのナンバーワンベンダー」を目指す。(本多和幸)