米グーグルのグーグル・クラウド部門は7月31日、VMwareや主要パブリッククラウドの仮想マシン(VM)をGoogle Kubernetes Engine(GKE)のコンテナに変換する移行ツール「Migrate for Anthos」のベータ版の提供を開始した。同日都内で開催したイベント「Google Cloud Next '19 in Tokyo」で、インフラ技術を統括するウルス・ヘルツル バイスプレジデントは「このツールはクラウドへ資産を移すためのものではない。インフラをモダナイズし、より優れた管理性やセキュリティを得るためのものだ」と述べ、グーグル・クラウドへの囲い込みではなく、ITモダナイゼーションの支援によって新たなエンタープライズ顧客を獲得していく方針を説明した。

 同社は今年4月、企業ユーザーを取り込むための新たな目玉機能として、オンプレミスや他社パブリッククラウド上にも、GKEに準じたコンテナ環境を提供できるマネージドサービス「Anthos」を発表していた。今回新たに公開したMigrate for Anthosを利用すると、企業がオンプレミスのVMware環境、またはAWS/Azure/グーグル・クラウドのVM上で運用している既存アプリケーションを、コードの書き換え無しでコンテナ化できるという。
 
米グーグル・クラウド
ウルス・ヘルツル
バイスプレジデント

 ヘルツル バイスプレジデントは、Anthosのコンセプトで重要なのが「オンプレミスのモダナイズができる」点だとした。ビジネスアプリケーションのモダナイズにはクラウド移行が必要とする意見があるが、「それはリスキーな動き」と指摘する。Anthosはオンプレミスのハードウェア上でもコンテナ環境を展開できるので、まずはMigrate for Anthosを用いてオンプレミスでVMのコンテナ化を行い、その後クラウド移行の準備ができた時点でワークロードを移すという2段階を踏むことで、システムのクラウドネイティブ化を低リスクで行うことができるとした。同社の検証では、特別なハードウェアやドライバを要求するシステムでなければ、多くのビジネスアプリケーションを自動的にコンテナ環境へ移行可能なことを確認しているという。
 
グーグル・クラウド・ジャパン
阿部伸一
代表

 グーグル・クラウド・ジャパンの阿部伸一代表は、「Anthosでインフラを共通化すればスピードと柔軟性を高められるし、技術者はオンプレミスもどのパブリッククラウドも同じスキルで扱える。事業環境の変化で、別のインフラに移らなければならないときも、自由に軸足を変えられる」と説明。オープンソース技術をベースとしており、ベンダーロックインの恐れがない柔軟なインフラである点がAnthosの強みであるとした。(日高 彰)