【サンフランシスコ発】米ヴイエムウェアは8月26日(米国時間)、主力製品の仮想化基盤「VMware vSphere」で、今後ネイティブKubernetesのサポートを追加する方針を発表した。近年行ってきたKubernetesへの投資をさらに強化し、圧倒的な優位性を確立してきたサーバー仮想化の領域に加えて、コンテナ型のアプリケーション実行環境でも、業界標準の地位を目指す方針を固めた格好だ。(日高 彰)