VMwareとNVIDIAは8月26日(米国時間)、両社の連携を強化し、VMware Cloud on AWSでGPUアクセラレーションサービスを提供すると発表した。これにより、企業のAI、機械学習、データアナリティクスワークフローなどの最新のアプリケーションの導入・刷新・展開を支援する。


 今回の連携強化により、VMware Cloud on AWSを利用している企業はNVIDIA T4 GPUとAmazon EC2ベアメタルインスタンスで構成されたクラウドサービスの利用が可能になる。VMware vSphere ベースのアプリケーションとコンテナを変更することなく、そのままシームレスにクラウドに移行できる。

 AI、機械学習、データアナリティクスといった演算集中型のワークロードに対応。データセンターからAWSクラウドまでを一環して網羅するVMwareインフラストラクチャーを使い、展開、移行、運用を統合できる。

 VMware Cloud on AWSクラスターを自動的に拡大できる機能を備え、管理者はデータサイエンティストのニーズに応じて、利用可能なトレーニング環境を拡大/縮小できる。

 VMware Cloud on AWSにより、組織はハイブリッドクラウド全体で一貫性のあるインフラストラクチャーと運営の両方を実現でき、VMware のvSphere、vSAN、NSXをアプリケーションを近代化するための基盤として活用できる。IT運営者はオンプレミスのvSphereで実行されているGPUアクセラレーションワークロードと同時に、vCenter内のGPUアクセラレーションワークロードの管理が可能になる。

 VMwareのパット・ゲルシンガーCEOは、「お客様は、VMware Cloud on AWSのユニークな特性を活用することで、ビジネスクリティカルなアプリケーションの移行、近代化を加速できる。NVIDIAやAWSといった業界のリーダーとの連携から生まれたイノベーションを通じて、ハイブリッドクラウドにおいてデータを集中的に処理するワークロード、最新アプリケーションのためのクラス最高レベルのGPUアクセラレーションサービスを提供する」とコメントを寄せた。