日本IBMとパナソニックは10月15日、半導体の製造分野で協業すると発表した。共同でデータ解析システムを開発してパナソニックの製造装置に組み込み、半導体製造の「後工程」における工数の削減や品質の安定化、設備稼働率の向上につなげる。2030年をめどに250億円の売り上げを目指す。(前田幸慧)