その他

日本IBMとパナソニック、半導体製造分野で協業、品質安定化と設備稼働率向上を支援

2019/10/24 09:00

週刊BCN 2019年10月21日vol.1797掲載

 日本IBMとパナソニックは10月15日、半導体の製造分野で協業すると発表した。共同でデータ解析システムを開発してパナソニックの製造装置に組み込み、半導体製造の「後工程」における工数の削減や品質の安定化、設備稼働率の向上につなげる。2030年をめどに250億円の売り上げを目指す。(前田幸慧)

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

パナソニックと日本IBMが協業、半導体製造分野で設備稼働率向上を目指す

日本航空、日本IBMのハイブリッド・クラウド基盤を活用した本格運用を開始

日本IBM、OpenShift対応の「IBM Z」の新製品、ハイブリッドクラウドの切り札に

パナソニック、テレワーク重視の新レッツノート

国内7空港がパナソニック製の空港向け顔認証ゲートを導入

外部リンク

日本IBM=https://www.ibm.com/jp-ja

パナソニック=https://panasonic.jp/