NTTコミュニケーションズ(NTTコム)は新型コロナ禍による市場環境の変化を踏まえてビジネスの拡大を図るべく、「産業や街づくり、教育を三つの重点領域」(丸岡亨社長)と位置づけ、優先的に取り組む方針を鮮明にしている。サプライチェーンの完全デジタル化や、災害に強い安心な街づくり、公教育の分野に焦点を当てる。NTTコムの戦略商材でデータ共有基盤の「Smart Data Platform(SDPF)」などを活用したソリューションの提供に注力し、ビジネスの拡大につなげる。(安藤章司)