主要Webブラウザーベンダーのアップルやグーグルなどが、セキュリティおよび認証機能の強化のため、9月1日以降に発行されたサーバー証明書のうち、398日(約13カ月)を超える有効期間を持つ証明書を無効とする方針を打ち出している。