ソフトバンクグループ傘下の英アームを米エヌビディアが最大400億ドルで買収する。9月14日、エヌビディア、ソフトバンクグループの両社が「最終合意に達した」と発表。アームの独立性とオープンラインセンスのビジネスモデルは維持する方針だ。

 エヌビディアは取引完了時に120億ドルの現金と215億ドル相当の同社株式をソフトバンクグループに支払う。アームが一定の業績目標を達成すれば、ソフトバンクグループはさらに最大50億ドルの現金か株式を受け取る。最終的にソフトバンクグループは10%以下のエヌビディア株を保有することになる予定。また、エヌビディアはアームの従業員に対して15億ドルの株式を付与する。(本多和幸)