富士通(時田隆仁社長)と米エヌビディアは、グラフィックカード内蔵のサーバーやハイパフォーマンス コンピューティング(HPC)、AI、仮想デスクトップ(VDI)など、PCサーバー事業におけるさまざまな分野で協業を強化する。

GPU搭載VDIラインアップ

 両社はGPUコンピューティング向けのプラットフォーム導入支援プログラム「FUJITSU Server PRIMERGY / NVIDIA コラボレーションプログラム」を開始。企業のGPUコンピューティングの導入を支援する。また、従来から提供しているVDI向けの製品ラインアップを強化する。

 同プログラムの取り組みとして、富士通デジタル・トランスフォーメーション・センター内に「FUJITSU Server PRIMERGY / NVIDIA コラボレーションセンター」を両社共同で開設する。コラボレーションセンターでは、検証用サーバーを常時配備し、富士通やエヌビディアの専任サポート要員が、GPUの搭載によるVDIやHPC、AIシステムにおける性能検証テストを実施する。また顧客がGPU搭載PCサーバーを導入するにあたり必要なソフトウェアの設定作業から、テスト結果の妥当性の検証までを一貫してサポートする。

 ラインアップの面では、VDIで快適な画像処理を実現する仮想化グラフィックスカード「NVIDIA Tesla M10」に、VDIヘのGPUリソースの割り当てを制御する「GRIDソフトウェア」をバンドルした「NVIDIA GRID 仮想PC for Windows 10」を富士通から提供する。富士通製のPCサーバー「PRIMERGY RX2530 M5」「PRIMERGY RX2540 M5」を、エヌビディアのNGC-Ready認証を受けた構成で提供する。この構成ではHPCにおけるAIの学習と推論、データ分析、画像処理など、さまざまなワークロードを高速化する「NVIDIA T4 GPU」を搭載する。

 税別価格はNVIDIA GRID 仮想PC for Windows 10がオープンで、FUJITSU Server PRIMERGY RX2530 M5が131万4800円から。