シトリックス・システムズ・ジャパンは2月26日、オンライン説明会を開き、「Citrix Workspace」向けの新セキュリティソリューションとして「Citrix Secure Internet Access(SIA)」の提供を開始すると発表した。

 SIAは、企業の支店やリモートから外部のSaaSやクラウドアプリケーションへアクセスする際のセキュリティ対策が可能な、クラウド型のセキュリティソリューション。セキュアWebゲートウェイ、次世代ファイアウォール、CASB、DLP、サンドボックス、マルウェア検知などの機能を持つ。リモートで働くユーザーは、シトリックスのクラウドを経由して外部のSaaSやアプリケーションへアクセスすることができる。

 宮澤敏明・セールス・エンジニアリング本部ネットワークSE部部長は、データセンターのセキュリティ機器を経由してアクセスする形ではネットワークの帯域やセキュリティ機器のパフォーマンスがボトルネックになるとし、「SIAでシトリックスのクラウドにオフロードすることで、柔軟にセキュリティポリシーを設定したり、クライアントのトラフィックを可視化したりできる」と説明する。

 テナントを完全分離したアーキテクチャーとなっていることが特徴。収容ユーザーごとにネットワークやコンピューティングのリソースを完全に分離することで、あるユーザーに何らかの問題が生じてもその他のユーザーに影響を与えないようになっているという。また、送信元のIPアドレスを固定できるため、外部のSaaS側からアクセス制御を行うことが可能になる。

 SIAは、HTTPS通信を含む外部アクセスのコントロールができる「Standard」、Standardの機能に加えてマルウェア対策などの機能を含む「Advanced」、DLPによる情報漏えい対策が可能な「Premium」の三つのエディションを用意している。

 シトリックスでは、社内のSaaSやWebアプリケーションに対する認証やゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)の機能を備える「Citrix Secure Workspace Access」を提供している。これにSIAを併用することでSASE(Secure Access Services Edge)への移行が加速できるという。

 中桐吾郎・ネットワーキング営業本部本部長は、SIAが「シトリックス全体のポートフォリオをさらに強化する非常に戦略的な位置付けになる」と語った。(前田幸慧)