レノボ・ジャパンは7月6日、エッジコンピューティング用デバイスブランド「ThinkEdge」を立ち上げ、新製品「ThinkEdge SE30」「ThinkEdge SE50」を発売した。企業のIoTへの取り組みが加速する中でエッジデバイスへの需要が高まっていることを受け、高性能端末として市場に訴求する。
 
ThinkEdge SE30

 同日開催された記者発表会で同社の安田稔・執行役員副社長が新ブランド設立の背景を説明した。IoTデバイスが収集する膨大なデータの処理やAIによる推論処理といった場面で、エッジコンピューティングが利用されるケースが増えていることを挙げ「今後はあらゆる産業でエッジITが重要となる。高い成長が見込める分野のため、新ブランドを設立することで取り組みを加速させる」と話した。
 
安田 稔 副社長

 同社は2019年にエッジデバイス「ThinkCentre M90n-1 Nano IoT」を発売したのを皮切りにエッジコンピューター市場に参入。「現在は、コストパフォーマンスや高い処理能力を求める企業が増えている。また、グローバルで調達できるデバイスも少ない。新製品によりこれらの要望に対応していく」(安田執行役員副社長)という。

 今回、発売したThinkEdge SE30とThinkEdge SE50について、同社コマーシャル事業部企画本部製品企画部の賈新・プロダクトマネージャーは「両製品とも高い堅牢性とコンパクトな設計により場所を問わず設置できる。OSは『Windows 10 IoT Enterprise LTSC』または『Ubuntu』に対応できることも特徴だ」とした。