エンタープライズ向け会話型AIプラットフォーム・製品を手掛ける米Kore.ai(コア・エーアイ)が日本市場の開拓に向けて動きを強めている。2020年10月に日本法人を立ち上げ、今年から本格的な営業展開に乗り出した。バーチャルアシスタント用途が主で、高い自然言語処理能力や、ローコード・ノーコードでの開発環境による内製化の容易さなどを武器に売り込み、すでに複数社が導入を決めた。まずは社内のヘルプデスクなどBtoE領域での普及を進める方針だ。会話型AIの市場はまだ開拓が進んでおらず、同社の角田晴雄副社長兼営業統括は「市場を活性化させながら、今後3年でシェアの30%を得たい」と意気込む。
 
角田晴雄 副社長

 コア・エーアイは14年設立で、18年の途中まで営業活動は行わず、自然言語処理のエンジン開発、プラットフォーム開発に注力していた。営業開始から2年程度で世界2000社の導入実績を有し、米フォーチュン誌が選出する「フォーチュン500」のうち100社以上が採用しているという。

 同社の会話型AIプラットフォームは、三つのエンジンによる高度な自然言語処理技術によって、「人と会話をしているような形で問い合わせやアクションの実行ができる」(営業本部の御舩浩次郎・シニアインサイドセールスレプリゼンタティブ)点に特徴がある。
 
御舩浩次郎 シニアインサイドセールスレプリゼンタティブ