SaaS型BIソフト開発のドーモは、来年度(2023年1月期)に向けてビジネスパートナー経由の販路開拓に力を入れる。実績づくりのため直販中心で販売してきたが、「国内でも実績が増え、オンプレミス型のBIからSaaS型への移行が本格的に進むタイミングに差しかかった」(川崎友和・プレジデントジャパンカントリーマネージャー)ことから販売パートナー網の構築に取り組む。
 
川崎友和 プレジデント

 BIは先行するベンダーが多数あるが、ドーモは10年に創業した当初からSaaS型でBIソフトを提供しており、「クラウドネイティブなBIの先行企業」(川崎プレジデント)として実績を積んできた。本年度上期(21年2-7月)の全世界での売上高は、前年同期比23.3%増の1億2288万ドル(約138億円)と大きく伸びた。国内でも、コロナ禍のリモートワークを経験し、「従来のオンプレミス型のBIからSaaS型へ移行する気運が高まっている」と手応えを感じている。