その他

キヤノンマーケティングジャパン 問い合わせや差し戻しを95%削減 操作ガイドソフト「テックタッチ」に注力

2022/03/17 09:00

週刊BCN 2022年03月14日vol.1914掲載

 キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は、ウェブアプリ向け操作ガイドソフト「テックタッチ」の販売に力を入れている。テックタッチは「○○申請書はこのボタンを押せ」「全角カタカナで入力せよ」といったガイドを文字や画像で業務アプリの操作画面に表示するとともに、より詳しい解説へのリンクを張ることもできる。既存のウェブアプリに操作ガイドを“後付け”できる手軽さが特徴だ。
 
岡綾乃氏(右)と津野奈緒子氏

 キヤノンMJは昨年末に開発元のテックタッチと販売提携を結んでおり、直近で10社ほどのユーザー企業から引き合いや受注があるという。操作ガイドを表示することで「ヘルプデスクへの問い合わせや、書類の不備による差し戻し件数が95%削減できたケースもある」と、MA営業推進本部ITソリューション企画部の岡綾乃氏は話す。

 ウェブアプリそのものを手直ししたり、プラグインソフトを入れなくても操作ガイドを表示するとともに、「ユーザー自身でガイドの表示の仕方や内容を制作できる手軽さ」(デジタルビジネス推進本部金融SS統括部の津野奈緒子氏)が評価されている。また、営業支援の「Salesforce」といった外部SaaSアプリにもプラグインを入れることでガイド表示が可能になる。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

キヤノンマーケティングジャパン 4カ年中計で2000億円を投資 DC3号棟の新設やM&Aなどで成長に弾み

【2022年 新春インタビュー】 キヤノンマーケティングジャパン ITSでエリアビジネスにテコ入れ

インフォマートがキヤノンMJとセールスパートナー契約、バックオフィス業務の電子データ化を推進

外部リンク

キヤノンマーケティングジャパン=https://canon.jp/