キヤノンマーケティングジャパン(キヤノンMJ)は、2025年12月期までの4カ年中期経営計画で、成長分野に約2000億円の投資をする。データセンター(DC)3号棟の新設やM&A、商材開発、人材育成などに充てる構えだ。昨年1月の時点では23年12月期までの3年間の成長投資額は約1000億円としていたが、今回発表の新中計では25年12月期までの4年間で約2000億円へ大幅に増やした。昨年度(21年12月期)は約240億円の成長投資を行っている。
 
足立正親 社長

 同社ではITアウトソーシングやITサービスの拠点として自社DCの2号棟をすでに増築し、軌道に乗り始めていることから、新中計の期間中に3号棟の土地や建物の取得を視野に入れる。足立正親社長は「ITソリューション(ITS)分野を中心としたM&AやDC3号棟は成長投資のなかに含んでいる」と話す。

 新中計の業績目標は25年12月期の連結売上高6500億円、営業利益率7.7%を掲げる。昨年度は下期から電子部品の不足や国際輸送網の乱れが深刻化。複合機などの製品が品薄となり、連結売上高は前年度比1.3%増の5521億円の伸びにとどまった。一方で付加価値の高いITSやBPO(ビジネスプロセスアウトソーシング)事業を中心とした注力分野が伸びたことから、営業利益は26.8%増の397億円と大きく回復した。新中計ではITS事業全体で昨年度の売上高2211億円を、25年12月期には3000億円へと拡大させる。