その他

【現状のAIでできること、できないこと・2】因果をつくる

2022/05/27 10:00

 前回は、AIモデルの構築に前処理が重要な役割を占めることを紹介した。実際に前処理は全工数の7割から8割を費やすのだが、今回は前処理で因果を作るということについて触れたい。なお、因果とは原因と結果である。 ある結果には、必ずそれに対する原因があるという法則だ。
 

 今回の事例は、小売業で店内のセンサーログから顧客の行動を可視化して欲しい、というニーズから実現した。具体的には店舗にセンサーを設置して顧客のスマホから通過データを受信することでデータを取れるようにした。

 ここで問題になるのがログの使い方である。例えば滞在時間を使うというアイデアがある。入店時間と退店時間の差が滞在時間で、その時間の長い顧客はこの店のファンかもしれない。こういった時間軸のデータを使ってクラスタリングすると滞在時間の長さで顧客が分類される。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

【現状のAIでできること、できないこと・1】ビジネスで役に立つAIとは?

【データでつながる現場と経営・1】“データ活用”という山

【ITコーディネータが取り組むIoTとAI・1】コミュニティが挑戦したビジネスコンテスト

外部リンク

The ROOM4D=https://the-room.company/about/

日本コンピュータシステム販売店協会=https://www.jcssa.or.jp/