その他

【現状のAIでできること、できないこと・1】ビジネスで役に立つAIとは?

2022/04/22 10:00

 私は2005年からデータをビジネスに生かす仕事をしてきた。この連載では、「現状のAIでできること、できないこと」というテーマでビジネス面でのAI活用について記述したい。また、AIの未来についても簡単にふれたいと思う。
 
人間とAIの判断プロセス

 まず、AIについて定義したい。AIといっても人によって異なるイメージがあるからだ。AIに関係したニュースを見ても、将来の研究開発に関するAI、現在すでに実用化されているAI、また、おおよそAIとは無縁と思われる製品にAIという枕言葉が使われているものもある。今回、記述するAIは、ビジネスの世界でベテラン社員が行っていることを高度化・自動化するAIについてである。コンピューター上で人間と同様の知識を実現しようとするものだ。

 では、ビジネスで役に立つAIとは何か。例えば、CMをどのように打てば効果が最大化できるのか、ある資源の来年の売買価値はいくらなのか、生産設備の最適化なパラメータの値はいくつか、などをコントロールするAIである。これは、社内である程度上手にやっている人がいることが前提となる。いい換えれば、その人が判断するために見ているデータがあるということだ。

 データ分析屋の仕事は、データを生かしてビジネスに役立つものを作っていくことなので、役に立つデータが存在することが大前提になる。ここでよく問題になるのが、「データはあるのですがそれは紙なんです」とか、「それはPDFなんです」ということだ。また、暗黙知としての知見もある。数値を見つけて実装していくのがAIなので、実装ができないとモデルはつくれない。このようなケースでは、数値や知見をデータベース化していくという地道な作業が必要となる。データベース化ができなければ、AIはつくれないのである。

 また、データは存在しても別の課題が発生する。それはデータには、「人の心の入っていないデータ」と「人の心が入っているデータ」がある点だ。

 「人の心が入っていないデータ」とは、自然のデータや機械などのデータで、比較的簡単に分析ができる。正規分布の形をとっているからだ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

注目新興AIベンダー(画像認識 編) 開発が進み精度は向上 活用の幅は多様化

ビジネスモデルの多様化に対応する ITインフラ各社のパートナー戦略

注目 新興AIベンダー(自然言語処理 編) AIビジネスの一翼を担う 要約、問い合わせ、帳票の仕訳に活躍

外部リンク

The ROOM4D=https://the-room.company/about/

日本コンピュータシステム販売店協会=https://www.jcssa.or.jp/

おすすめ記事