IT化とは、業務のプロセスや業務フローにツールやシステムを取り入れて、アナログで行っていた作業をデジタル化することだ。

 例えば、ある会社は勤怠管理をタイムレコーダーで行っていた。紙に出社時間や退社時間を打刻して、管理部門が毎月締めて計算していたが、勤怠管理システムを導入することで、勤怠に関する情報収集や給与計算が自動で集計できるようになった。社員はパソコンやスマートフォンから打刻をすることできるようになり、インターネットが利用できる環境であれば、外出先やテレワーク時にも利用できるようになった。

 IT化を進めることで、場所の制限がなく業務ができるようになり、コロナ禍などの非常事態の際にはスムーズにリモートワークが推進できるようになった。また、印刷や記入・押印、書類の保管などの手間が省けるようになり、業務効率化が推進され、人手不足の解消にもつながった。少子高齢化やビジネスのグローバル化などにも柔軟に対応できる体制を作ることができた。