一時期、「〇〇×IT」という言葉が流行っていた。「不動産×IT」「士業×IT」「農業×IT」など、アナログな作業をデジタル化(IT化)することで業務効率化やコスト削減していこうというものだ。実際、業務の効率化が成功し、IT化することで市場での企業価値が高まったという例もある。そこで筆者の体験を踏まえ、不動産業界を例にしてIT化の成功事例と失敗事例について解説したい。
 

 特に不動産業はIT化が遅れているといわれている。電話で連絡をし、FAXで情報のやり取りをし、接客は対面が中心、郵送での書類のやりとりが日常で行われている。また、日々、物件確認(不動産情報が紹介可能か電話で確認すること)や物出し(物件情報を探して登録すること)を行わなければならなく、数時間を費やしている。そういった点では、IT化を進めるメリットは大きい。

 一番大きいのは「業務効率化」。ITを導入することで、コスト削減が可能なほか、労働環境が改善できる。今まで紙で行っていた社内の手続きをインターネット上で完結できるようにするだけで工数が変わる。

 ある会社では、請求書や経費精算・直行直帰や在宅勤務などの出勤申請を紙で行っていたが、現場からみると押印をもらうために回る人数は3~4人が当たり前で、押印権者が必ずしも席にいるわけではない。承認まで1週間かかっていたという。また、紙の伝票を1枚1枚めくり電卓を叩いて売り上げを集計してきたというケースもある。

 これらの課題をIT化によって解決。請求書のIT化によって、人的ミスがなくなり、請求処理に掛かっていたコストを削減することができた。また、請求書を電子化することで、郵送費・封筒代、紙・インクなどの経費が削減された。勤怠管理をIT化することで、テレワークが増えているのに勤怠の集計をするために出勤したり、月末になって残業時間の超過に気付いたりすることもなくなった。結果的には、システム導入で自動化して短い期間で正確に売り上げや原価・販管費の集計が可能になったのだ。