その他

【ITコーディネータが取り組むIoTとAI・4】焼くッチャ君の現在と未来

2022/08/04 10:00

 ここまでIoTハカリソリューション「焼くッチャ君」の概要と、成り立ちについて説明したが、今回は現在と未来について述べる。

 初めて本格的な導入に至ったのは、ビジネスコンテストの時からお世話になっているクラウン製パンの福岡県北九州市小倉北区にある店舗だ。当時、当社は同じ区内に本社を置いて設立していたが、メンバーの全員は首都圏にいた。筆者は東京都中野区から神奈川県横浜市に引っ越していたのだが、いずれにせよ設置作業や導入状況の確認は出張でまかなっていた。

 IoTは遠隔での監視などを可能にする技術だが、IoT機器の設置自体は現地訪問しないとできない。この辺は、クラウド上のサーバーにリリースすれば終わりといったようなITシステムの導入とは異なる。

 最初の導入から1年ほどして、北九州市にUターンすることを決めた。焼くッチャ君の導入についてはUターンが功を奏した。IoTソリューションは現場の近くにいるということが重要だ。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

【ITコーディネータが取り組むIoTとAI・3】IoTハカリを自分たちで作るか

【ITコーディネータが取り組むIoTとAI・2】IoTハードウェアの開発と導入の苦しみ

【ITコーディネータが取り組むIoTとAI・1】コミュニティが挑戦したビジネスコンテスト

外部リンク

ビビンコ=https://vivinko.com/

ITコーディネータ協会=https://www.itc.or.jp/

おすすめ記事