その他

【ITコーディネータが取り組むIoTとAI・2】IoTハードウェアの開発と導入の苦しみ

2022/06/10 10:00

 前回、「北九州でIoT」というビジネスコンテストに、コミュニティで応募したIoTハカリを活用してパン店での商品在庫をリアルタイムで取得し、可視化するというアイディアが採択されたことを紹介した。今回は、採択されたアイディアをいかに具体化していくかについて紹介する。

 あとに「焼くッチャ君」という名前の付く、このアイディアが採択された2017年当時、ハカリで計測した重さをリアルタイムにクラウドに送信できる、IoTハカリはほぼ存在しなかった。厳密には存在したのだが、非常に高額でコスト的に合わなかった。そこで、精度が低くなったとしても安価なIoTハカリを作るというのが焼くッチャ君のテーマになった。ビジネスコンテストで採択されたことによって、100万円まで経費が使える一方、約半年後にデモデイでの成果披露が迫られることになった。提案したアイディアを形にして、店舗で実証実験を行うところまで進めなければならない。

 IoTの勉強会によって、IoTハカリの仕組みが分かり、簡単なものであれば実際に作ることもできた。重さを計測するセンサーはいくつかの種類があるが、ロードセルを使うことにした。重みを負荷としてかけることによって生じる歪みを電気信号として取得し、そこから重さを得るという原理のセンサーだ。秋葉原で購入できるロードセルと、安価なボードコンピューターであるArduinoを組み合わせることによってIoTハカリの原形が完成した。
 
最初の実証実験で使用したIoTハカリ

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

【ITコーディネータが取り組むIoTとAI・1】コミュニティが挑戦したビジネスコンテスト

【中小企業が生き残るためのIT・1】社会が大きく変わる3要素

【データでつながる現場と経営・1】“データ活用”という山

外部リンク

ビビンコ=https://vivinko.com/

ITコーディネータ協会=https://www.itc.or.jp/

おすすめ記事