その他

【インテグレーターのためのコンサルティングポイント・4】DXで絶対必要な社長のビジョン

2022/09/13 10:00


 「IT詳しいんでしょう。なんかシステム創ってDXやってよ。任せるよ」とデジタルネイティブの若い社員に丸投げしてしまう社長が多く見られる。しかし、それではDXはうまくいかない。DXを行うにあたって、欠かせないのはITリテラシーではないからだ。ITをはじめとするさまざまなツールは“手段”でしかない。それらを使ってどう変わっていきたいのか。達成したい“ゴール(ビジョン)”を示さなければ、“手段”を生かしようがない。ビジョンを設定できなければ、どんなに優秀な社員がいたとしても、DX人材にはなり得ないのである。

 会社のビジョンを決めるのは、社員ではなく、社長である。「何のために会社はあるのか?」「会社がどんな状態となるためにDXを行うのか?」「ただ売り上げや利益を上げたいだけならBPRではだめなのか?」「どんな会社にトランスフォーム(変化)したいのか?」などを社員に浸透させなければ、社員にとっては面倒ごとが増えるだけでDXを起こすことはできない。そのため、DXを行う上でビジョンは欠かせない。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

【インテグレーターのためのコンサルティングポイント・2】日本でなぜDXがうまくいかないか?

【インテグレーターのためのコンサルティングポイント・1】なぜDXが必要なのか

【介護DXが始まった~最前線と今後の進化~・3】介護DXの最前線 ユーザーからの革新

外部リンク

ロードフロンティア=https://road-frontier.com/

ITコーディネータ協会=https://www.itc.or.jp/