Special Feature

知られざる活況マーケット 仮想化の運用ビジネスを探る

2010/10/14 21:33

週刊BCN 2010年10月11日vol.1353掲載

 5年ほど前から動き始めた情報システムの仮想化は、企業のITコスト削減機運の加速で一気に広まった。その勢いは衰えず、中期的な成長が見込めるデータもある。仮想システムの構築ビジネスはまさに伸び盛りだ。しかし、仮想化は構築だけがビジネスではない。物理的なシステムとは勝手が違う仮想システムの“運用”に手を焼くユーザー企業が増加して、ITベンダーに助けを求めているのだ。仮想化には、システム構築だけでなく、運用にもビジネスチャンスがある事実を追った。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。

関連記事

IDC Japan、仮想化サーバー市場調査、14年までの年平均成長率は15.9%

ニーズ高まる「仮想化環境のセキュリティ」

<仮想化ソリューション特集>止まらない「仮想化の勢い」 ハード、ソフト、サービスすべて高成長