企業のグローバル進出やキャリア開発、ワークスタイルの多様化などの進展に伴い、人的資本を管理する「タレントマネジメント」のシステムに注目が集まっている。外資系ベンダーの日本市場への参入が相次ぎ、導入事例が現れてきた。