ソフトウェア開発は『つくる』『つくらない』のどちらへ進むべきか──。最近、「つくらない開発」の登場が台風の目になっている。最も大きな工数がかかり、しかも最も付加価値を生み出しにくいのが「製造(コーディング)」である。ここを自動化することで、工数を削減すると同時に、付加価値の低い作業に従事する労働集約的な仕事を極力なくす。これによってコストを削減し、ソフト開発エンジニアの価値創出力を高める狙いの動きが表舞台に登場してきている。(取材・文/安藤章司)