物理サーバーの能力をフルに生かしつつ、仮想サーバー並みのフットワークのよさを実現する「ベアメタルクラウドサービス」。IBMの「SoftLayer」を旗頭に、国産IaaSベンダーもベアメタルクラウドに参入するなど、IaaSの新たな選択肢として期待が高まる。(取材・文/安藤章司)