データセンターサービスのリンク(岡田元治社長)は、5月28日、「ベアメタル型アプリプラットフォーム」サービスを開始した。これは物理サーバーを直接利用するベアメタル方式のクラウドサービスで、従来の仮想サーバーよりもパフォーマンスが高い。仮想サーバーによるクラウドサービス同様、コントロールパネルからのリソースの割り当てやサーバーのコピー、スナップショットなどの機能も利用できる。

 仮想サーバーは使い勝手がよい反面、仮想化ならではのオーバーヘッドロスやネットワークのボトルネック、I/O(インプット/アウトプット)の低下などの問題があった。ベアメタルクラウドは、これまでの仮想サーバーの使い勝手をできる限り損なわずに、OSやアプリケーションをハードウェア上で直接的に動かすことで、パフォーマンスを最大限に引き出す考え方にもとづく。

 リンクでは、「クラウドの使い勝手をそのまま物理サーバーで実現できるなら、物理サーバーでの運用を望む」という顧客の要望を踏まえてサービスを開発。利用申込みから運用開始まで数日かかる物理サーバー特有の面倒な手続きは一切なく、初期費用もかからないので、仮想サーバーを使った通常のクラウドサービス同様、スピーディに、手軽に利用できる。また、仮想サーバでの運用に比べてサーバー台数を削減でき、運用の手間を軽減できる。(安藤章司)