クラウドサービスベンダーが相次いで「ベアメタルクラウド」サービスの強化に乗り出そうとしている。データセンター(DC)事業者のリンクが「ベアメタル型アプリプラットフォーム」を正式に始めたのに続き、同業の国内クラウドサービスベンダーも、水面下でベアメタルクラウドサービスの拡充や立ち上げに向けた準備を着々と進めているのだ。ベアメタルは、サーバーの仮想化を行わず、物理サーバーを直接利用する方式で、高いパフォーマンスを得られるのが特徴。パブリッククラウドを巡る競争が一段と激しさを増しており、仮想サーバーを貸し出すだけの従来型のクラウドサービスでは差異化が困難になっていることも、ベアメタル化の背景にある。(安藤章司)