マイクロソフトは、同社のクラウドサービスである「Microsoft Azure」をデジタルトランスフォーメーションのためのプラットフォームと位置づけ、ビジネスの新たな原動力になることを目指している。根底にあるのは「クラウドは、オンプレミスの単なる代替ではない」というもの。もちろん、オンプレミスの代替として十分に機能するが、それはリプレースに過ぎない。企業のデジタル化を推進してこそのクラウドというわけだ。(取材・文/畔上文昭)