世界最大級の自動車メーカー「トヨタ自動車」を頂点に、製造業が盛んな愛知県で、IoTを活用した中小企業の取り組みが熱気を帯びている。人手不足や資金繰りなど、中小企業を取り巻く環境が厳しくなるなか、各社はIoTと「トヨタ生産方式」を組み合わせ、新たな「カイゼン」を起こしたい考えだ。現場の最前線から、“ものづくり王国”の底力をレポートする。(取材・文/廣瀬秀平)