次世代のコンピュータとして開発競争が過熱している量子コンピュータ。カナダのD-Wave Systemsが量子コンピュータをいち早く製品化したが、ビジネスシーンで広く活用されるようになるには、まだ時間がかかると思われていた。ところが、その流れは大きく変わるかもしれない。注目のプレイヤーは国産勢だ。量子コンピュータが抱えがちな課題を独自技術で克服し、IoTやAI(人工知能)といった分野での適用を進める。ビジネスシーンでの活用は、もはや未来の話ではない。(取材・文/畔上文昭)