AR(拡張現実)やVR(仮想現実)に続き注目を集めるようになったMR(複合現実)。2017年にマイクロソフトが「HoloLens」を発売したことをきっかけに一つのテクノロジージャンルとして確立されつつある。19年11月には「HoloLens 2」が発売され、徐々にソフトウェアベンダーもそろってきた。ユーザー側でも人材不足を背景に、導入を検討し始めた企業も多い。20年は「MR元年」となるのか。