――PC市場はコロナ禍を経てどう変化したか。

 PCがないと仕事ができない、勉強もできないという環境に置かれたことで、日本におけるPCのイメージが「一家に一台」から「一人に一台」に変わった。法人市場ではコラボレーションの重要性が高まったことで、マイクやスピーカーといった、用途に特化した機能が大事になってきた。ここは当社の「ThinkPad」が元から力を入れていたところなので、多数の引き合いをいただいている。
 
代表取締役社長
デビット・ベネット

――半導体不足にはどのように対応していくか。

 レノボは世界でも日本でもナンバーワンのPCメーカーであり、そのスケールを活用し、これまでよりも長期のスパンで部材の確保に動いている。また、日本国内で製品を設計・製造しているのも強みだ。足りない部品があれば代替品に切り替える、調達先を二重化、三重化するといった取り組みも柔軟に行える。

――NECとの合弁事業が始まって10年あまりが経過した。

 日本と海外の合弁で、ここまでうまくいっている例はほかにないのでは。同じビジョンを共有しながら、それぞれのユーザーに最適な製品をお届けできており、Win-Winの関係にある。両ブランドのポジショニングを変えたり、統合したりする考えはない。