――2022年度(23年3月期)は4カ年中期経営計画の最終年度となる。目標達成に向けた手応えは。

 営業利益については、今年度(22年3月期)1040億円を見込んでおり、中計目標に対して1年前倒しで達成できる見通しだ。重点分野の海外については、オーストラリア市場への進出に続いて、北米でも従業員数約740人の中堅SIerを新しくNRIグループに迎え入れた。オーストラリアでの事業はすでに軌道に乗っており、これに北米でのM&Aを加えることで目標の海外売上高1000億円に迫っていく。
 
代表取締役会長兼社長
此本臣吾

――営業利益の中計目標を前倒しできるほどの業績好調の背景は何か。

 国内においては、主要顧客の経営トップが、先進的なデジタル技術を駆使したビジネス変革に対する迷いがなくなった点が大きい。コロナ禍の実質2年間で人々の行動様式が大きく変わり、企業向け、個人向けのビジネスを問わずオンライン化が加速度的に進んだ。企業が勝ち残っていくためにはデジタル化への投資をためらっている時間がなくなりつつある。デジタル化投資の大きな波は向こう数年続くと見ている。