Special Feature

【2022年 新春インタビュー】 大塚商会 お客様に寄り添い、DX・全商材で共に成長する

2022/01/17 09:00

週刊BCN 2022年01月17日vol.1907掲載


──2021年のビジネスの総括を。

 上期(1~6月)はコロナ禍にうまく対応することができた。しかし、6月末からの第5波で、再び営業活動の制約などの影響を受けた。緊急事態宣言が解除された10月以降、需要は戻るとみていたが、そうはならなかった。そこに半導体をはじめとしたモノ不足などの要因が絡み、回復が遅れている状況だ。世間で動き始めたといわれる経済の実態と、われわれが見込む数字やお客様の投資意欲との間には、やや乖離(かいり)が生じている気がする。
 
代表取締役社長
大塚裕司

──複写機の販売台数は、21年上期は前年を上回るペースで推移していたが、第3四半期は前年を下回る状況だ。

 コロナ禍の部品不足に加え、市場のニーズが変化していることが影響している。以前は複写機をリプレースすると、コストは1、2割安くなることがあったが、オフィスに行かない働き方が広がったことで、コストをそこまで下げられない環境になった。これまでのような単品売りの価格勝負や、売りたいものを売りに行くという提案は通用しにくくなっている。
この記事の続き >>
  • 課題解決に向けて原点に戻る

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

外部リンク

大塚商会=https://www.otsuka-shokai.co.jp

おすすめ記事