官公庁や自治体のDX(デジタルフォーメーション)の実現は、行政の役割が複雑・多様・高度化している現代日本にとって、最重要課題の一つである。政府がさまざまな制度設計を通じて具現化を目指す中、それを支えるITベンダーの役割も重要となっている。本紙に掲載された3本の特集を振り返り、自治体DXが求められる背景や政府の取り組み、ベンダー側による支援の実例を再確認したい。自治体側、ITベンダー側双方にとって、事業を推進するためのヒントとなれば幸いだ。

詳しい記事はこちら

自治体のリフト&シフトを進める ガバメントクラウド

商機取り込みへ加速するITベンダー 自治体DX支援ビジネスが本格化

デジタル田園都市国家構想 5.7兆円で地方のIT実装を推進する