Special Feature

米Kyndrylのパートナー戦略、急速に進むアライアンス展開は何を目指すか

2022/12/05 09:00

週刊BCN 2022年12月05日vol.1948掲載

 2021年9月、米IBMのグローバルテクノロジーサービス(GTS)事業のマネージド・インフラストラクチャー・サービス部門が分社化し、米Kyndryl(キンドリル)が誕生した。それから1年あまりが過ぎ、その間、同社はクラウド、ERP、仮想化、ストレージ、ネットワーク、ハードウェアなど、バラエティに富んだグローバルベンダーとのアライアンスを急速に展開している。キンドリルのパートナー戦略はIBMのGTS時代とどう変わったのか。そして、新たな協業体制の推進によって、キンドリルは何を実現したいのか。日本法人であるキンドリルジャパンの松本紗代子・執行役員ストラテジックアライアンス事業部事業部長に聞いた。(文中の発言は全て松本執行役員)。
(取材・文/谷川耕一 編集/藤岡 堯)
 

 キンドリルは、この1年で多様なパートナー体制を築いてきた。分社化後間もない21年11月には、早々に米Microsoft(マイクロソフト)、独SAP、米VMware(ヴイエムウェア)とのアライアンス・パートナーシップを発表。その後も米Pure Storage(ピュア・ストレージ)、米Amazon Web Services(アマゾン・ウェブ・サービス、AWS)、米Dell Technologies(デル)、米Red Hat(レッドハット)、米NetApp(ネットアップ)、米Cisco Systems(シスコ)、米Oracle(オラクル)、米Elastic(エラスティック)、米Citrix Systems(シトリックス)などとも手を結んだ。

 キンドリルジャパンも、TISとのパートナーシップの強化を発表し、ソフトバンクとは5G分野での戦略的な協業を、また神戸製鋼所(KOBELCO)グループとのDX戦略を推進するために、コベルコシステムとの協業も発表している。
この記事の続き >>
  • 全てのパートナーとニュートラルな関係
  • 階層型から「エコシステム」へ
  • 顧客の評価がなければ「意味がない」

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1