OEMビジネス向けのストレージ製品で高いシェアを持つLSIロジック(米国本社:LSI Corporation)は、2009年4月にチャネル向けのRAIDアダプタで知られるAMCC社の3ware RAID部門を買収したことをきっかけに、従来主力のOEMビジネスを継続しながら、間接販売(チャネル・ビジネス)に本格的に乗り出した。

 09年夏に新たな間接販売網を確立した。従来のOEMパートナーとは別に1次代理店4社を組織。1次販社の傘下に3種類のパートナーを設置する新体制をつくり、技術情報や販促物の提供、販売奨励金などを用意した支援プログラムを整え、販売パートナーを募っている。

 同社の主力製品のうち、最近販売に力を注いでいるのが、他社に先駆けて7月にリリースした6Gb/sのSATA+SAS RAIDアダプタ製品「LSI MegaRAID 9200シリーズ」。そして、10月に発表した6Gb/sベースのハイ・パフォーマンスHBA(ホストバス・アダプタ)で、チャネル向け製品ポートフォリオを拡大している。

サーバ内蔵型RAID「MegaRAID SAS 9280-8e」

 低コストでリード/ライトにおける優れたパフォーマンスを持つLSIの6Gb/s製品は、現行の3Gb/sシステムに搭載しても高いパフォーマンスを発揮し、電子メールやデータベース・サーバーのようなデータ・センター・アプリケーションから、より数値計算の多いストリーミング・ビデオやOLTP、データ・アーカイブ・アプリケーションまで幅広く対応している。

SAS ホストバス・アダプター「LSI SAS 9200-8e」

 LSIロジックでは、これらのチャネル市場に向けた6Gb/s製品のリリースを記念し、ITベンダー向けの「チャネル・ストレージ・アンケート」を実施している。回答者のうち、抽選で200人にAmazonのオンライン・ギフトカードを、そして、全問正解者のうち50人にLSIロゴ入りUSBメモリ(4GB)をプレゼントする。

★アンケートの回答はこちら