NECキャピタルソリューションは、「BCN Conference 2013」の第一弾、北九州会場で「モバイルセキュリティソリューションの必要性と実装方法」をテーマにセッションを展開した。荒谷茂伸シニアディレクターが、同社のモバイルセキュリティソリューションに対する基本的な考え方と、扱う商材の概略を説明。参加したSIerなどに、「モバイルデバイスを使いたいと考えるユーザー企業向けの提案の一つのエッセンスとして検討していただきたい」と呼びかけた。

デバイスのカテゴリで必要なセキュリティが決まる

荒谷茂伸
シニアディレクター
 荒谷シニアディレクターは、まず、同社のモバイルセキュリティソリューション関連事業について、「自社で開発したソフトを提供するのではなく、世界的に実績のあるソリューションや最先端のソリューションをマネージド・サービス化して、エンドユーザーが利用しやすいかたちで提供する」と、基本的なコンセプトを説明した。

 そのうえで、「モバイルセキュリティを考える際は、PCなのか、タブレット、スマートフォンなのかという基本的な形態、さらにはOS、記憶領域、記憶内容、接続先などの種類によるデバイスのカテゴリ分けが重要。それで必要なセキュリティが決まる」と指摘。加えて、「モバイル環境のセキュリティレベルは社内システムのセキュリティレベルと同じレベルに保つ必要がある。そういう意味では、本来はモバイルもVPNなどで社内に接続してから外部に接続すべきだが、直接インターネットに接続できてしまうケースが多い」とも話し、社内ネットワークだけでなく、モバイル環境のセキュリティにも投資していかなければ、「企業全体のセキュリティ投資が無駄になってしまう」と訴えた。

 そのための現実解は「クラウドのセキュリティソリューション」なのだが、こうしたニーズに対応するソリューションとして、同社が扱うリモートワイプ、暗号化、MDM(Mobile Device Management、モバイル機器管理)、クラウド型マルウェア対策などを紹介した。


クラウド型BPOサービスで豊富なラインアップ

 荒谷シニアディレクターがリモートワイプ製品として紹介したのが、「トラストデリートマネージドサービス」 だ。デバイスを盗まれたり、紛失したときに端末上のデータを遠隔で消去するほか、オフライン時のデータ不可視化や、データの時限消去(オプション)などの機能も備える。「クラウド型BPOサービス」なので、運用はNECキャピタルソリューションのサービスデスクが担当し、ユーザー側にはサーバーや端末などの管理者を配置する必要がない。

 このほか、クラウド型BPOサービスとしては、暗号化ソリューションの「SecureDocマネージドサービス」、MDMソリューション「PIT‐MDMマネージドサービス」、マルウェア対策ソリューション「PIT‐マネージドエンドポイントプロテクション」をラインアップしている。いずれも、NECキャピタルソリューションのサービスデスクから、端末の無効化やディスクの暗号化、スマートデバイスの操作ロック、データ消去、セキュリティポリシー設定などを遠隔で操作・制御し、情報漏えいやウイルスへの感染を防ぐ。

 とくに「PIT‐マネージドエンドポイントプロテクション」については、「クラウドのサーバー側に解析エンジンと各種データベースを置いている。デバイス側ではなく、サーバー側でウイルス・マルウェアをすべて検索する画期的なソリューション」(荒谷シニアディレクター)として、その先進性と導入効果を強くアピールした。

 セッションの締めくくりとして、荒谷シニアディレクターは参加者に対して、「当社の商材を担いでいただけるなら、コミットメントはなく、一回限りの商談でも構わない」と説明し、BCN Conference参加者限定のキャンペーンを実施することも発表。小規模な商談も歓迎する意向を示した。