SpecialIssue

<監視カメラソリューション特集>エレコム 広範な監視が可能な高性能CPU搭載NAS 品質管理/コンプライアンス対策を実現

2016/11/24 19:54

週刊BCN 2016年11月21日vol.1654掲載

 エレコムが今年8月に発売したWindows Storage Server搭載のCube型NAS「NetStorシリーズ:NSB-75S4DW2シリーズ」は、クアッドコアCPUを搭載するなど、大幅な機能強化を図った。付属の「アロバビューレコーダー」を使うことで、ネットワークカメラがあれば低コストでIP監視カメラ録画システムを構築できる。従来の防犯、セキュリティ対策にとどまらず、さまざまな製品製造時の工程管理、品質管理やコンプライアンス強化に向けて、パートナーとともに販売を強化していく方針だ。

No.1ソフト「アロバビュー」が付属 CPU強化でカメラ32台をサポート

ロジテックINAソリューションズ
開発部ソリューション開発課
NAS開発チーム
西田成孝氏
 エレコムのCube型NASは、企業用ファイルサーバーとして実績のあるWINASシリーズのシステムがベースの新モデル。コンパクト設計のきょう体にHDDを4台搭載し、ホットスワップ対応のRAIDシステムを構築できる。しかも、付属するアロバ製の監視カメラ録画システムのアロバビューレコーダーを使えば、ネットワークカメラを用意するだけで、長時間録画に対応したIP監視カメラ録画システムを低コストで構築できることが大きな特徴だ。

 「クアッドコアのCPUを搭載したことで、Cube型NASを監視カメラのネットワーク・ビデオ・レコーダー(NVR)として使用する場合、従来モデルに比べて接続可能なカメラ台数が従来の16台から32台までに大幅アップした」とロジテックINAソリューションズ(ロジテックINA)の開発部ソリューション開発課NAS開発チームの西田成孝氏は語る。

NetStorシリーズ NSB-75S4DW2シリーズ

 アロバとエレコムグループのロジテックINAは以前より協業しており、監視カメラソフトの「アロバビュー」がWINASシリーズに標準搭載されている。アロバビューは、監視カメラ録画アプリケーション市場で8年連続国内トップシェア(テクノ・システム・リサーチ調べ)、小規模から大規模施設まで1万社以上の導入実績をもつ。Cube型NASにはアロバビューレコーダーのフリー版(ノンサポート、2カメラ対応)がプリインストールされており、別途ライセンスの購入で最大32台までのカメラ録画ができる環境を構築できる。


 アロバビューは、17メーカー、400種以上のネットワークカメラに対応している。面倒なカメラの設定が必要なく、初心者でも扱える分かりやすいユーザーインターフェースを備え、操作・表示画面をユーザーの好みにカスタマイズできる。もちろん、防犯・セキュリティ対策に求められるイベント発生時の通知機能を搭載する。

 「アロバとは、NASの動作検証も共同で行うなど密接に協力しており、ユーザーの要望も機能にいち早く反映できる」と西田氏。次のバージョンでは、外部アクセスの要望に対応して、スマートフォンからのアクセス機能をサポートする予定だ。

工程・品質管理用途に向けた信頼性を向上する豊富な機能

 NetStorシリーズをIP監視カメラ録画システムとして活用するユーザーは、これまでは防犯、セキュリティ対策が中心で、小規模店舗や多店舗展開する小売業での採用が多かったという。一方、最近目立つのはフードディフェンス(意図的な異物の混入を防止)に代表される工程管理や品質管理、業務のコンプライアンス対策に活用する例だ。

 「そうした用途で欠かせないのは、何か問題が発生した時に確実に証拠となる映像を確認できるよう、トラブルなくデータを記録・保管できることだ。当社は、NASで10年の実績があり、24時間365日運用での信頼性を高めるさまざまな機能を製品に搭載している」と西田氏は強調する。

 Cube型NASは、伊那工場(長野県)製造の国内生産でHDDのスクリーニング試験を実施するなど、品質管理を徹底している。HDDには、高い信頼性を誇るNAS用HDD「WD RED」を採用。効率的な放熱ができる冷却ファンも使い、メインファンは交換可能とメンテナンス性を向上させた。防塵フィルタを装備し、振動対策のためベイスロットにクッション材を配置している。オフィス内での運用を考え、動作音を約10デシベル低減するなど静音性にも配慮した。

 導入管理についても、Active Directoryに完全対応。設定は、ウェブブラウザ対応のUI管理ツールで専門知識がなくても操作できる。さらに、ハードウェアによるディスク暗号化機能を搭載し、RAIDボリュームをAES256bitで暗号化できるなど、強固なセキュリティを備える。また、盗難やいたずらを防止するためにドライブベイのドアに鍵も装備する。

 エレコムでは、NetStorシリーズのIP監視カメラ録画システムとしての販売を促進するため、販売パートナーを対象とした技術トレーニングやエンドユーザー向けにセミナーを開催している。また、パートナーとともにエンドユーザー先にも開発者が同行して、システム設定などをサポートする取り組みも行っている。

 「NetStorシリーズは、高機能・高信頼性とコストパフォーマンスを両立している。しかも、当社はPoEハブや無線LANのAP(アクセスポイント)など、ネットワークカメラシステムに必要な周辺機器をラインアップしており、総合的なソリューションを提供できる」と西田氏はアピールする。
  • 1

関連記事

エレコムの組み込みソフト事業 開発能力を大幅に強化 ハードウェアをもつ強みを生かす

エレコム、加賀電子グループのワークビット事業を譲り受け、組み込みソフト開発事業を強化へ

エレコム 法人向けNAS10シリーズ39製品を提供 16年度シェア20%を目指す

外部リンク

エレコム=http://www.elecom.co.jp/

おすすめ記事