サイボウズは中堅・大企業向けグループウェアGaroonで、SIerなどのパートナーがクラウドサービスの販売で新しいビジネスチャンスをつかむための取り組みを進めている。6月リリースのクラウド版GaroonではJava Script APIを新たに提供。パートナーがGaroonをカスタマイズしたり、他システムとの連携を実現することで、よりユーザー企業の要望に沿った提案ができるようになった。

201708151740_2.jpg

池田陽介
ビジネスマーケティング本部
Garoon プロダクトマネージャー

 現在、サイボウズのGaroon関連ビジネスは、オンプレミス版の売上高が前年並に推移、これにクラウド版の売上高が追加されて順調に成長している。池田陽介・ビジネスマーケティング本部Garoon プロダクトマネージャーは、「クラウドサービスへのニーズが高まっている時代の流れとともに、クラウド版を取り扱うパートナーが増えている」と成長要因を強調する。「ユーザー企業の業界や業種が多様になるなか、Garoonの機能に対する細かい要望が増えてきている。Java Script APIを新たに提供することで、その課題を解決したいと考えている。カスタマイズの幅が広がることによってパートナーの方々はユーザー企業の声に柔軟に応えることができる」(池田マネージャー)。こうしたサイボウズの取り組みによって、パートナーはGaroonのJava Scriptカスタマイズや製品連携による独自ソリューションの提供など、幅広いシステム提案が可能だ。6月に出張管理システム「出張なび」(日本旅行)、経費精算・管理システムの「Concur Expense」(コンカ―)と連携し、出張の経路検索から経費採算を自動化するソリューションの発表など、特定の業務に特化したソリューションの提供も可能になった。

 最近では、サイボウズのビジネスアプリ作成プラットフォームkintoneの販売を主軸にしたパートナーがGaroonを取り扱う傾向も高まっている。サイボウズのパートナー数は全部で300社弱。「さまざまな角度から、Garoonベースのソリューションが広がる可能性を秘めている」と池田マネージャーは期待している。

 クラウドのアップデートに関しては1年間に4回に渡って実施する意向で、すでに2018年末までのAPI拡充のロードマップは作成済み。池田マネージャーは、「パートナーの方々とともに、新しいクラウドビジネスの可能性を広げていきたい」との意気込みを示している。