トラックAのセッション5では、「ストレージからみるHCI(ハイパーコンバージドインフラ)の最新動向」をテーマに、ネットワールドの福住遊・ストラテジック・プロダクツ営業部係長が講演した。多くのストレージ、HCIを扱ってきた有力ディストリビュータとしての視点で、各ストレージベンダーのHCIへの向き合い方を解説した。

福住 遊
ストラテジック・プロダクツ
営業部
係長

 まず、ストレージのトップベンダーであるDell EMCについては、グループ企業であるヴイエムウェアとともにHCI製品「VxRail」を開発し、販売も好調であることを説明。「ネットワールドのDell EMC製品ビジネスをみても、2016年は前年比238%という成長をみせているが、これをけん引しているのがHCI製品のVxRail」であるという。また、Dell EMCは、自社でHCI製品を提供しつつも、実績のある既存の各種インフラ製品のラインアップを補完的に提案する戦略だが、HCIの先駆者ニュータニックスは「あらゆるワークロードをHCIのなかに貪欲に取り込もうとしていて、ここに両社の大きな違いがある」と解説した。

 また、NASの有力ベンダーで、6月に「NetApp HCI」を発表し、HCIに参入することを明らかにしたネットアップについては、「専用ストレージも大きく伸びているが、HCIの盛り上がりを指をくわえて眺めているわけにはいかないということで、16年に同社が買収したオールフラッシュストレージの『SolidFire』をベースに、HCI製品を開発し、市場に参入した」と現状を解説。SolidFireの特徴にも触れ、「障害に対するすぐれた自己修復機能やQoSの細かな設定が可能な点、コンピューティングノードとストレージノードがハードウェア単位で分離している」としたうえで、その特徴をそのまま受け継いだNetApp HCIは、「従来型のストレージとHCIのいいとこ取りを目指した製品」と評価した。

 さらに、新興ストレージベンダーのピュアストレージにも言及し、「伝統的なSANストレージなどの分野で強みを発揮しているが、とにかく高い重複排除率を実現できる、保守契約をすれば3年後ごとに最新のコントローラが追加費用なしに提供されるといった特色があり、やはり非常に勢いがある」とコメント。同社は現在のところHCI製品をリリースしてはいないが、近年、SANストレージ製品をファイルサーバーにも対応させる「Purity Run」を提供していることを踏まえ、「ピュアストレージもHCIに似た機能を市場に訴求し始めているが、従来のHCIのサーバーがストレージ技術を飲み込むかたちとは対照的に、ストレージがサーバーの機能を補完するような動きであるのがおもしろい」と指摘した。