SpecialIssue

「働き方改革」がテーマのビジネスに商機

2017/11/02 09:00

週刊BCN 2017年10月30日vol.1700掲載

企業の生産性向上とIT業界改革の動きも

 「一億総活躍社会」の実現に向けて政府が掲げた「働き方改革」。多様な働き方を可能にするとともに、中間層の厚みを増しながら格差の固定化を回避し、成長と分配の好循環を構築するのが狙いだ。そのなかで、IT化も働き方を変える策の一つとして注目を集めている。一方、ユーザー企業のなかには「何をすればいいのかわからない」との声がある。ここを商機と、ITベンダーよる企業ニーズに応じた最適なソリューションの提案・提供が活発化している。長時間労働を抑制する就業管理システムやクラウドサービスによるシステム連携と生産性向上の実現、ユーザー企業の課題を解決するブリーフィングセンターの設置など、各社さまざまだ。クラウド型の管理プラットフォームによるシステム自動運転でIT運用管理者の業務を効率化するソリューションやAIを活用してIT技術者の負担を減らすというIT業界の働き方改革につながる動きもある。本特集では、クロノス、シスコシステムズ、ピー・シー・エー、ネットワールドの取り組みについて紹介する。

  • 1

おすすめ記事